ZAKKIぺディア〜目指せ1000記事!

ごちゃ混ぜブログです。思い立ったこと書きます。投資関連、野球、子供、趣味、なんでも書きます!目指せ1000記事!!

高校野球49代表地区別総合ランキングベスト5【大阪】

f:id:rum02913:20190317212202j:image

 

 

ここでいうランキングとは?

甲子園などの試合の実績だけでなくプロ野球選手輩出や大学社会人の進路実績や評判も含まれます。

 


評価優先順はプロ輩出>甲子園実績=進路実績>地元の評判です。

 

 

 

監督の交代や学校方針の変更でバランスが変わる可能性もあります。

定期的に情報の更新をします。

 

 

 

 

1位 大阪桐蔭

 

甲子園実績:◎

プロ輩出:◎

進路実績:◎

地元の評判:◎

 

監督: 西谷浩一


●主なOB

平田良介(中日)

中田翔(日本ハム)

浅村栄斗(楽天)

森友哉(西武)

藤原恭大(ロッテ)

根尾昂(中日)

 


●主な進路

早稲田大

慶応大

明治大

立教大

同志社大

 


・甲子園実績

センバツ:優勝

選手権:優勝


現在の高校野球の頂点に君臨する高校。

夏の甲子園は出場すれば50%以上優勝するという桁外れな勝率。

春夏連覇を2回達成春連覇を達成とどこまで記録を増やすのか注目!?

 

 

 

 

・プロ輩出

平成以降は文句なしの実績。

高卒大卒とソツなくほぼ毎年プロ野球を送り込んでいる。送り込んだ選手の多くはチームの主力になる。

子供をプロにしたいなら間違いなく1番近い学校!

 

 

 

 

 

・進路実績

近年は進路も華やかで大阪桐蔭ブランドが早慶を中心に東京六大学にも浸透している。次点で東都リーグにも多くのOBがいる。

さらに地元の関西の大学にも幅を効かせる。

現状日本一の進路を確保!

 

 

 


・地元の評判

リアル海堂!

当然最強高なので男子にも女子にも大人気!!

ベンチ入りすれば間違いなくファンが出来るだろう。

全ての実績が完璧なので親からも絶大な人気。

しかし試合になると強すぎて反感びいき感も出る。

 

 

 

 

 

2位 履正社

 

甲子園実績:◎

プロ輩出:◎

進路実績:◯

地元の評判:◎


監督: 岡田龍生


●主なOB

T-岡田(オリックス)

山田哲人(ヤクルト)

坂本誠志郎(阪神)

寺島成輝(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

 

 

●主な進路

明治大

法政大

日本大

駒澤大

同志社大

 


・甲子園実績

センバツ:準優勝

選手権:3回戦進出


センバツは準優勝が2回と4強と輝かしい成績を残しているが、意外にも夏の選手権は8強入りが無い!

夏は大阪桐蔭の壁が高い・・

 


・プロ輩出

近年はプロ輩出割合が高く、かつドラフト上位で指名される選手が多い。

プロ入り選手の日の丸を背負う率が高い。

大阪桐蔭に次いで将来のプロ入りを意識できる高校。

 

 

 


・進路実績

大阪ではかなり進路の幅が広い学校。

近年は東京六大学の進学者が増えてきており、全国的な知名度がかなり上がってきたので今後はもっと華やかな進路になっていきそう。

 

 

 


・地元の評判

大阪桐蔭がいるため大阪では常に二番手のイメージがつくが、全国では5本指に入る強豪と思われる。

大阪桐蔭を倒したいという中学生が入門してくる。

寮がないにもかかわらず選手の体格の良さは全国的に見ても毎年トップレベルだ!

 

 

 

 

3位 大体大浪商

 

甲子園実績:◎

プロ輩出:◎

進路実績:△

地元の評判:◎


監督: 四田勝康

 

●主なOB

張本勲(元日本ハム)

牛島和彦(元ロッテ)

香川伸行(元ダイエー)

村田透(日本ハム)

 

 

●主な進路

大阪体育大

近畿大

阪南大

 


・甲子園実績

センバツ:優勝

選手権:優勝


古豪と呼ばれる部類で甲子園でも輝かしい実績を残すが平成に入り苦戦している。

しかし、近年大阪上位に食い込むぐらいに復活してきている。

 

 

・プロ輩出

かつてはOBがプロ野球界を支配していたが現在は現役は村田透一人。

しかし近年の復活ぶりを見ると今後プロ入りが再び多くなるかもしれない。

 

 

 


・進路実績

関西の大学では強いが正直関東の大学へのコネは少ないようだ。

実績や評判を考えれば少し寂しい進路選択だ。

 

 

 

・地元の評判

古豪で地元では古い世代に絶大な人気を誇る。

体育大付属らしく学校内の設備が素晴らしい!

OBも熱く熱気のある高校といえる。

大阪超2強に風穴を開けたい。

 

 

 

 

4位 大阪偕星

 

甲子園実績:△

プロ輩出:△

進路実績:◯

地元の評判:△


監督: 山本皙


●主なOB

米崎薫臣(元阪神)

姫野優也(日本ハム)

 

 

●主な進路

専修大

亜細亜大

立命館大

 

 

・甲子園実績

センバツ:未出場

選手権:2回戦進出

 

2015年に悲願の初出場。大阪桐蔭を倒しての出場だった。

 

 

 

 

・プロ輩出

近年では甲子園にも出場した日本ハムの姫野がいる。

能力が高い選手が多くプロ行きも増えるだろう。

 

 

 


・進路実績

実績の少なさの割には大阪の高校の割には案外関東の大学へのパイプがある。

安定供給が見込めるか!

 

 

 

 

・地元の評判

元々は此花学院でしたが校名変更後に生活指導を徹底して生まれ変わった。

受け入れ生徒の中には他校を辞めてしまった生徒なども多く個性的な学校となっている。

しかしそういった生徒への生活指導もしっかりしている。

 

 

 


5位 大冠

 

甲子園実績:×

プロ輩出:×

進路実績:◯

地元の評判:◎


監督: 東山宏司


●主なOB

なし

 

 

●主な進路

日体大

上武大

大阪経済大学

 

 

・甲子園実績

センバツ:未出場

選手権:未出場

 

しかし公立ながら近年大阪大会の上位に食い込んでくることが多く強豪校も侮れない存在になっている!

 

 

 

・プロ輩出

現在プロはいないがドラフト候補がひしめいており伸び代のある選手を上のレベルに送り込んでいる印象。

そのうちプロ入りが出るだろう。

 

 

 


・進路実績

日体大や上武大など関東の野球強豪大学への進学ルートが出来てきた。

関西の公立校にしては珍しい傾向である。

地元大学も進学実績が多い。

 

 

 

 

・地元の評判

戦国大阪の中でも公立の星として決勝戦に進出するなど地元では大変な人気を誇る。

打倒桐蔭打倒私学の意識が高く、公立で上位を伺うにはピッタリの学校である。

 

 

 

 

以上高校野球総合ランキング大阪ベスト5でした!!