ZAKKIぺディア〜目指せ1000記事!

投資関連、趣味、なんでも書きます!目指せ1000記事!!

【ポンド豪ドルのすすめ】関係性は逆相関!一方通行の特徴を持つペア

f:id:rum02913:20181031183310j:image

FXの中で最もおススメするペアがポンド豪ドルの取引。

通称ポン豪と言われる組み合わせです。

 

ポン豪に興味があるということはある程度慣れている方が多いと思うし、日本円以外の通貨ペア同士でも違和感なく挑めるかと思います。

 

日本円が絡まないとわかりにくいという方でもポン豪は動きが単純になりやすいのでオススメします。

 

それではポン豪トレードのメリットを紹介していきましょう!

 

 

逆相関でボラがデカイ

 

f:id:rum02913:20181031183517p:image

 

基本的にポンドと豪ドルは逆の動きをしやすいと言われます。
アメリカドル対ユーロなんかよりも逆相関が強いと感じますね。

 

また、非常にボラが大きいです。ポンドはボラが大きい殺人通貨として有名ですよね!(最近はドル円の方が厄介かもしれないけど)

 

全主要通貨ペアの中でも値動き率は群を抜いてNo. 1です!

あの悪魔のポンド円よりもボラが大きい。

1日で片道200pips動くことなんかザラにありますね!!

 

これだけ動いてくれればドル円やユーロ円のような低ボライライラするような通貨ペアと比較して、利益を伸ばしやすくFXのやりがいを感じられるでしょう!

 

 

動きが非常に早くトレンドが出れば一方通行に

f:id:rum02913:20181031183907p:image

この通貨ペアは非常に動きが早い特徴があります。

 

少しの間トレード画面から離れて、またトレード画面を見るといつのまにか数十pips違うステージに飛んでいることがあります!


逆張りだった時は悲惨ですが、ストップさえかけていれば大怪我することはありません!

逆に思った方向に順調に進んだ時は快感ですね!
ドル円で数時間我慢してやっと10pipsぐらい取れた時のことを考えるとポンド豪ドルは気がついたら数十pips取れているので短時間でも大きく利益を取ることが出来ますよ!

 

そしてこのペアの最大の特徴としてトレンドが発生した場合、一方通行に動きやすいという特徴があります。これは投資する側からも非常に判断しやすいですね!

 

これは日足のチャートですが、中・長期目線で見ると600〜700pipsぐらいは一方通行になりやすい傾向があります!!

 

ということは方向性を間違わずに超ハイレバでなければ稼ぎやすい値動きと言えますね。

 

 

一日中動きがある

f:id:rum02913:20181031184240j:image

 

この通貨ペアは他の主要ペアと比べるとかなり長い時間動きやすいほうです。(日本人目線で)

 

豪ドルメインのオーストラリアのオープンは日本時間の5時もしくは6時からとかなり朝早くから動き出します。
また、10時ごろの中国指標次第でも結構動きますね。

 

対して、ポンドメインの欧州時間は日本時間の夕方17時や18時ごろ。
ここからロンドンFIXの24時や1時まで取引が活発に行われます。

 

つまり、早朝から日本人が寝静まる時間まで一貫して動きが出やすいということです!!

 

メジャーどころのユーロドルなんかは日本人の朝はほとんど動くことがなく夕方まで暇な時間が続きます。
そういった通貨に比べてそういった意味でもポンド豪ドルは日本人に向けた通貨ペアといえそうですね!

 

 

まとめ

 

普段ドル円やユーロ円などのとっつきやすい通貨ペアばかりいじっている方でもこれらのメリットを感じればポン豪をやってみる価値があるんじゃないかと思います。

 

慣れるのもすぐで慣れちゃえば本当にオススメできる通貨ペアなんですよ!!


is6は口座開設をするだけで無料でトレードが可能です!
相性が良ければメイン口座にしちゃってもいいでしょう。
ポン豪を試すのなら是非ノーリスクでハイリターンの可能性があるis6でチャレンジしてみましょう!