ZAKKIぺディア〜目指せ1000記事!

投資関連、趣味、なんでも書きます!目指せ1000記事!!

ストレートの回転数を図る数値【rpm】で伸びやキレがわかる!大谷翔平の165kmが当てられる理由。

f:id:rum02913:20181015230456j:image


プロ野球中継を観ていると投手が三振を奪った際にrpmという数値が出ることがあります。

 


これって実はボールの回転数を表した指標で投手のストレートの能力を図る際に重要なデータになるんですよ!!

 


rpmを意識してプロ野球を観ればより深く楽しく投手と打者の対戦を見ることができるようになります!

 

 

rpmとは?

 

f:id:rum02913:20181015230758j:image

 

rpm(revolution per minute)

 


投じたボールが1分間に何回転するかを表します。

 

TVでは2200rpmて感じで表示されるんだけどつまり1分間ボールが回転し続けたら2200回転するっていうことなんです。

 


もちろんこの数値が多ければ多いほどフォーシームのストレートは上にホップするように伸びるし、スライダーやカーブの回転をかける変化球は大きく変化しますよ!

 

大谷のストレートはあてられやすい!?メジャーの剛腕達のrpm

 


同じ160kmレベルのストレートを放ることができる選手同士でも回転数が大きく異なることがあります。

 

メジャー投手

 


・160km投手

1試合に160kmを複数回投げる主な投手

 


大谷翔平

f:id:rum02913:20181015231124j:image

平均球速97.36マイル

2200rpm

 

アロルディス・チャップマン

f:id:rum02913:20181015230948j:image

平均球速99マイル

2680rpm

 

メジャーでも平均球速がトップレベルの我らが大谷翔平。

そして世界一のストレートを投げるアロルディス・チャップマン。

 


彼らを比較して、球速が近いにもかかわらず回転数は実に400以上の差が出ているんです。

つまり大谷のストレートは回転数が少なくチャップマンのストレートは回転数が多いということになります!

 


大谷翔平の日本最高球速165kmはファールにされました!大谷のストレートは回転数が少ないため、とんでもないスピードを出す割りに空振りが取りにくいんですね!!

 


・150km後半投手

最高球速が160kmぐらいの投手

 


ジャスティン・バーランダー

f:id:rum02913:20181015231339j:image

平均球速94.63マイル

2630rpm

 

マックス・シャーザー

f:id:rum02913:20181015231430j:image

平均球速93.55マイル

2525rpm

 

メジャーを代表する先発投手で大谷翔平よりも球速が若干遅い彼ら。

しかしrpmは限りなくチャップマンに近い数値です。

特にバーランダーは半端ない!!

 


彼らは非常に多くの奪三振をとりますし、ストレートの伸びが素晴らしい。

 


こうしてデータで解析すると、その投手のストレートの質がわかっちゃうんですね。

 


番外編になりますが、田中将大のストレートは平均球速が91マイルで2200rpmと回転数は大谷に近い。

f:id:rum02913:20181015231521j:image


しかしこの2200rpmとはNPBの平均値です

 

球速がメジャーの中では出ない方の田中将大のストレートはメジャーの強打者達には狙われると簡単に合わせられてしまうのだ!

 


このことから肘の故障後の彼は変化球主体のスタイルになりメジャーで生き残っているのかもしれない。

 

NPBのrpm

 

菅野智之

f:id:rum02913:20181015231647j:image

150km

2513rpm

 


藤川球児(全盛期)

f:id:rum02913:20181015231923j:image

155km

2700rpm

 


上原浩治

f:id:rum02913:20181015232029j:image

142km

2400rpm

 

上述のようにNPBのストレートの平均回転は2200rpm。

ここで挙げたメンバーは皆平均値を大きく上回っていることがわかる。

 

中でも藤川球児は分かっていても打てないストレートと比喩されていました!!

回転数はメジャーでもトップレベル!

ボールが2、3個上にホップして見えるらしい!!!

 

先日CS史上初のノーヒットノーランを達成した菅野智之はなんと150kmで2500rpm越えという驚異の数字!

 

マックス・シャーザーに限りなく近い数値ですね!

なぜ菅野は打たれないのかというのはこの数値と抜群の制球力に集約されていると思う!!

 

そして最後に一番球速が遅い上原浩治。

150kmに満たないながらも2400rpmと目立たないながらも異次元のストレートなんです!

 


140km強のストレートとスプリットのみでメジャーを渡ってきた理由がこの実は打ちにくいストレートにあったのでしょう!

 

見れば見るほど奥が深いrpm

 


rpmは数値が高ければ高いほどストレートが伸びます。しかしこれに合わせて球速と同時に見なければいけません。

 


球速が速くてrpmが低いと打ちやすいストレートになるし、球速が遅くてrpmが高いと非常に打ちにくいストレートになるんですね!!

非常に奥が深い数値なんです。

 

実際にTVで野球観戦をする際にたまに出てくる選手のrpmを観ると参考になりますよ!

 

またプロ選手でなくてもrpmを図る画期的なアイテムが登場しました!

その名も『テクニカルピッチ

高校球児も草野球選手も回転数を図ることができます。

スマホと繋いで細かなデータ解析ができるので革命的なアイテムといえそうです。