ZAKKIぺディア〜目指せ1000記事!

投資関連、趣味、なんでも書きます!目指せ1000記事!!

子供が熱中症になりやすい理由

f:id:rum02913:20180720181958j:image

 

暑い暑い夏に差し掛かると熱中症が気になります。


大人でも突然なってしまう熱中症ですが、実は子供の方が熱中症にかかりやすい!!


熱中症ににはかなり気を配っていてもやはり子供にしかわからない辛さがあるんですね。



では子供が熱中症にかかってしまう理由はどんなことが挙げられるのか!?

みていきましょう!

 

 

子供は体温をコントロールする能力が低い

 

f:id:rum02913:20180720182516j:image

 

通常、人間は体温が上がってきたら毛穴から汗を出すことで熱を放出して体温を下げコントロールしています。


しかし、子供は基礎体温が元々高くて発汗量が大人に比べて低く、体温調整がうまくできません。

 


ということは子供ができる体温調節方法は「冷やす」か「水分を補給する」といった方法に限られてきます。

 


子供がノドの渇きを訴えた場合は即座に水分補給させてあげましょう!

 

体内の多量の水分を失っている可能性があります!

 


また、 夏場は冷やした氷や飲み物を首の後ろに当ててあげるだけで熱中症にかなりの効果を発揮してくれます!

 

熱中症が発症するケース

 

子供は身長が低く地面の近いので体感温度が高い

 

f:id:rum02913:20180720182944j:image

 


道路のコンクリートは暑い日差しが直接当たることによって通常の気温よりも高くなります!

 


身長の低い子供は大人よりもコンクリートの距離が遥かに近いため、日の照り返しによる一番熱い場所に身を置いていることになります。

 


日照りの箇所ではコンクリートの温度が気温よりが5℃近く高いこともあるんですね!
5℃は少し大げさかもしれないけど2、3℃違うだけで感じ方はかなり変わってくると思うんですよ!

 

「38℃=生死に関わってくる」
「35℃=ヤバイ暑い」
「32℃=うん、夏だね」
「29℃=30℃下回って少し涼しい」
「26℃=涼しい、羽織りものがあってもいい」

 

子供の体感温度は大人の方が感じているところよりも一つ上のレベルといっても過言ではありません!!

 

38℃のなんて子供の体感温度は40℃以上なのです!

 

私達大人が「今日の暑さはまだ耐えられる」と思っていても子供にとっては限界の熱さになっている可能性があるので気をつけたい。

 

屋内でも多湿による熱中症に注意を

 

f:id:rum02913:20180720183418j:image

 

子供は遊びや運動に熱中すると気が回らなくなってしまい自身の状態を把握できないことがあります。

 


熱中症は日が当たる屋外だけではなく湿気の多い屋内での発症することもあるんです!

 


上述のように発汗能力が大人に比べて劣っているので体内に熱が溜まりやすいのです。

 


屋内だからと油断してしまいそうですが高温多湿の時期は子供の動向から目を離さないように!

 

・どのケースでも大切なことは子供から常に目を離さないこと。
・子供の要求(危険サイン)をしっかり受け取ること
・通気性の良い服を着せることやすぐに飲料を補給できるようにするなどあらかじめ準備する


これらに注意していれば子供を熱中症の危険性に晒す可能性は少なくなると思います!

 


スマホに依存した現代では子供から目を離しがちになってしまいます!
だからこそ日頃意識して大切な我が子を熱中症から守っていきたいですね!