ZAKKIぺディア〜目指せ1000記事!

投資関連、趣味、なんでも書きます!目指せ1000記事!!

2020年ドラフトの目玉候補〜元技巧派豪腕速球ピッチャー伊藤大海投手〜苫小牧駒澤大

f:id:rum02913:20180712220644j:image

 

大学野球界に衝撃を与えた伊藤大海投手(苫小牧駒澤大)。
おそらく大きな怪我もなく順調に時間を重ねれば2020年ドラフト競合候補だろう。


彼の異次元の成長力、経歴はその他の選手にはない特徴だ。
ストレートの最速は大学2年時で154km。


今時154kmという数字に関しては珍しくもなんともないが、なぜ彼が圧倒的なパフォーマンスを見せることが出来るのか!?

 


経歴や投球スタイルの変化を紹介。

 

 

 

中学〜函館東シニア(道南地区)

f:id:rum02913:20180712220938j:image

北海道南部にあるシニアで道南の逸材が集まる。
実は近年プロ野球選手輩出率が道内No. 1なのは道南地区なのだ。

 

そこで万能型投手として知られた。
身体は大きくないが間違いなく天才肌だ。


後にライバルになる北海高校の渡辺と同じチームだった。

同郷の英雄、元横浜の故・盛田投手の影響で投球の本質のコントロールを学ぶ

 

 

 

高校〜駒大苫小牧(南北海道)

f:id:rum02913:20180712221128j:image

全国的に有名校だが伊藤が在籍時の戦績はは夏の甲子園は程遠く2年春のセンバツに一回出たのみ。

 


高校時代は最速140km超で特別速球派というわけではない。


むしろカウントを悪くしてでも甘いコースには投げない投球スタイルに見えた。

また全体的にキレの良い変化球とのコンビネーションで丁寧に抑える高校野球でよく見る好投手レベルの投手だと思った。


そして1番気になったのが肩甲骨や股関節の柔軟な使い方がドジャースのマエケンのように柔らかい印象でここに彼の野球選手としての非凡さを感じたのだった!

 

 

1年秋

 

ここで始めてベンチ入り。
背番号15番ながらエース格で出場する。


北海道大会準決勝、北海道No.1投手といわれ後のスローボーラーで知られることになる西嶋要する東海大四戦での的を絞らせない投球は圧巻だった。
決勝戦の大谷戦も投げ勝ち見事にセンバツを引き寄せる。

 

 

2年センバツ


1回戦の創成館戦で3安打完封勝利。
球速もたしか140kmには届いていなかったがストレートの伸びは素晴らしいものがあった。

打撃でもチーム初ヒットとなるセンターオーバーの三塁打を放っている。

 

しかし2回戦の強豪履正社戦では苦戦。
序盤の優勢から一転地力を見せられついに追いつかれ、最後に捕まりサヨナラ負けをしてしまう。

 

正直この時は履正社打線の方が1枚も2枚も上手に見えたし、いつでも捉えられるという余裕さえもTV越しに感じた!

 

 

2年春

 

甲子園症候群にかられてか初戦の苫小牧南にまさかの大金星を献上する。

 

 

2年夏

 

夏は念願のエースナンバーを奪うが疲労骨折が遅い本調子とは程遠く南北海道大会2回戦で無念の敗退。

 

 

2年秋

 

秋は怪我の影響が続きエースを剥奪され、1番センターでスタメン。
投手としても出場する。
バックスクリーンへホームランも打った。


自論ではあるが、投手を務める
1番バッターは天才タイプしかいないと思う。
3番や4番ピッチャーよりも野球センスに優れているんじゃないかと思う。

 

ここで再度準決勝で東海大四とのリベンジマッチとなるが、強風の影響もあり大量失点。
大澤がエースの東海大四に7ー14でコールド負け

 

おそらく伊藤がここまで点を取られたのは無いんじゃないか。(ご存知その後東海大四はセンバツに出場し敦賀気比と決勝で対戦して敗れ準優勝した。)

 

 

3年春

 

大黒柱として戻ってくる。
チームは全道大会準優勝と実績を残す。
優勝した北海高校の強力打線も唯一糸井からは得点が取れなかった。
伊藤の高校時代のピークはここだろう。

 

 

3年夏

 

最後はもちろんエースナンバー復帰。3番ピッチャーで出場。

春に比べて少しピッチングの精度が落ちているような感じがした。


南北海道大会で北海高校との再戦に挑むが延長13回を投げ切るも内野ゴロイレギュラーが決勝点となり力尽きる。


高校時点では北海道内の投手では東海大四の大澤と2強だった。
しかし現在のスタイルからは想像できない丁寧なコマンド投手という印象だ!

 

 

 

 

大学〜駒澤大(東都)

f:id:rum02913:20180712221850j:image

 

1年春

 

当時東都二部ながらも全国から精鋭が集まる駒澤大で1年春からリリーフとして試合に出場する。

 

当時のエース東野や現エースの白銀よりも球威があり、最速は148kmまで伸びていた!!

 

高校から大学までの過程で球速をプロが注目するレベルまで伸ばしてきた。
明らかに体格が良くなっており、この辺りから本格派として覚醒していった感があった。

 

しかし相手は甲子園でも名をはせた人材が集まる東都リーグのメンバー達で、現在のように圧倒するといった投球は見られなかった。
有望な1年生ぐらいの印象だった。


しかし秋には姿を消すことになる。

 

 

 

大学編入〜苫小牧駒澤大

f:id:rum02913:20180712222053j:image

 

駒澤大を辞め苫小牧駒澤大に編入したという噂は流れていたが姿は見せず。
それもそのはず大学野球の規定で1年間は公式戦の出場が出来ない。

 

 

2年春

 

北海道六大学野球で常に3、4位の苫小牧駒澤大を優勝に導く。

復帰戦で148kmを計測し、巨人のスカウトが注目しているとかニュースにもなるが彼は駒澤大時代に既にそのぐらいは投げていた。

 

しかし驚きは旭川大戦での異次元の投球だった。
なんと最高球速154km!!
ていうかストレートの多くが150km前後だった!

 

おそらくこの辺りで力を入れずに球速がグングン出る手応えを自分自身で掴んだのか覚醒第2段階が訪れたのかと思う。

 

 

2年春選手権

 

日本文理大戦で勝利し、大学でも全国大会勝利を飾る。
最速は151kmだった。
スライダーのキレが高校時代と格段に違うように見えた。
高速スライダーに進化したような。


次戦の慶応大戦では無念のKOを味わう。
道予選で無双しすぎたからか東京六大学のレベルの高いいやらしい野球についていけていない印象だった。


ただストレートの威力は凄まじくコースに決まれば慶応ですら手が出ない代物だ。

 

 

大学日本代表

 

錚々たるメンバーの中でもほぼ毎試合登板した。
将来のメジャーリーガー達と対等かそれ以上に活躍した。


最終戦のタイブレークでは圧巻の奪三振ショーで日本の守護神的な役割を全うし、勝ち投手にもなった。

 

多くの代表投手が150km以上を計測する中でも彼が守護神に抜擢されたのは異質なストレートと強気な投球を見込んでの選考だったのではないか。

 

 

伊藤の普通の速球派とは違う魅力

 

彼のストレートの真骨頂は高校2年センバツ創成館戦で初回の4番バッターを空振り三振に取った137kmのストレートだと思う。


明らかに伸び方が尋常じゃない異質なストレートだった。

 

ここから数年で球速を15km以上伸ばしてきた。
質は以前のまま、いやレベルアップして火の玉ストレートという表現がピッタリか!

 

おそらく元々の関節の柔軟性に自身も熱心に取り入れているという筋力トレーニングが見事にマッチして劇的な球速アップに繋がったのか!?


しかし彼の原点は投球に必要なコントロールやピッチングに組み立てにあり、球速はその後着いてきたもの。


全力で腕を振ってもコントロールが大きく乱れないのが彼の最大の長所であり、大学日本代表の選考で認められたところじゃないか!


何度も言うように毎年現れるただ速いボールを投げれる150km投手ではなくバッターから空振りを取れる威力があり、コースに決められる択一な能力を持っている。

 

ドラフトまであと2年。
完成された豪速球投手がどこまで才能を伸ばしてくるのか注目である。


願わくは160kmを投げる技巧派投手を見てみたいし、それに近い存在になっていけばプロでも凄い投手になれると思う!