初心者向け!仮想通貨大好きリーマンのブログ!

仮想通貨メイン!草コイン発掘家でもあ~る!野球ネタなども。

仮想通貨初の格付けの結果が出ました!評価の意味は!?ビットコインの評価は?

f:id:rum02913:20180126094920j:image

2018年1月24日に世界で初めて仮想通貨の格付が行われましたね。
今回格付を行なったのは、アメリカ大手の格付機関『Weiss Ratings』という金融界で格付には定評のあるところ。

 

ビットコイン、イーサリアム、リップルなど有名アルトコインをはじめ74種類もの仮想通貨が格付されました。

 

評価項目は

①リスク指数②収益指数③テクノロジー指数④採択指数

の4項目での総評で結果は世間の期待を大いに裏切る形となりました!!

 

ちなみにWeiss Ratingsはかなり権威のある格付機関なのですが「こんなの気にしないよ」て思う方が大半かもしれませんが、市場規模で考えれば結構影響しちゃうのかな〜と思います。

 

これが格付表です

f:id:rum02913:20180126095626j:image

f:id:rum02913:20180126095650j:image

f:id:rum02913:20180126095714j:image

 

A評価が一つもない!!

 

今回の格付の見どころ

①ビットコインはAなのか?
②イーサリアムがビットコインを追い抜くのか?
③ネムやリップルの有望通貨は?


さあ今回の格付で一番気になったところ
なんとAランクが一つもないではないですか!!


市場規模の大半を占めるビットコインはAで当たり前かと思ったのですが、結果はC +。

 

そしてイーサリアムは今格付で最高のBランク。

 

ビットコインはAランクじゃないだけで市場はマイナスに反応するかと思ったのですが、そこまで動きは無かったですね。

 

そしてイーサリアムが現在の仮想通貨で一番信用できるという結果になりました。
ついにビットコインを抜いてしまいましたね!
これに関してはなんとなくわかっていたのですが、今後イーサリアムはビットコインを目に見えて追い抜くでしょう。

 

ネムはC+でビットコインと同等の評価。リップルはCと世間の評価とは逆になった印象。

 

そして一番インパクトがあったのは・・・

Aランクがないということは仮想通貨全体が金融視点で全く信用されていないんだなと感じましたね!

 

 

評価別の意味

 

Bランクは文句なく投資に値するという評価のようですね!

 

イーサリアム、エイダ、ネオ、EOS、スチームが堂々の高評価を得ました☆

 

発表後これらの通貨は全て順調に上昇していることから影響力の大きさが滲み出ていますね!

現状これらの通貨は長期的に安定的に上昇が見込めます。


またビットコインのC +やビットコインゴールドのDからわかるように、いかにビットコイン関連の通貨は信用が低いのかを表していますね!

 

ちなみにCランクでも投資する価値があると捉えられているようです。

 

 

まとめ

 

初めて仮想通貨がWeiss Ratingsによって格付されました。
今後も同社が定期的に格付するものと思われますし、その他の格付企業も参戦してくることが見込まれます。

 

今回の評価はあくまで現在の格付なので、今後のおのおのの通貨のアップデート次第では評価が変わってくる可能性が高いでしょう!

 

 

今回高評価を得たほとんどの通貨はバイナンスで取り扱っています。
僕もとりあえずB評価の通貨はポートフォリオに入れてみようと思います!


バイナンスはこちらから登録できます。
ちょくちょく新規登録停止になることがあるので、開設する方はお早めに!