初心者向け!仮想通貨大好きリーマンのブログ!

仮想通貨メイン!草コイン発掘家でもあ~る!野球ネタなども。

2017 高校野球 夏の甲子園予選展望 南北海道編


さて今年も熱い熱い甲子園の季節が迫ってきました!
南北北海道の優勝候補やダークホースなど展望を紹介します。


南北海道大会展望

 f:id:rum02913:20170602174655j:image

前年度優勝
北海高校 (甲子園準優勝)

 

前年度は北海高校が学校史上初の決勝戦進出を果たしました。
決勝では作新学院相手に力尽きましたが、自分たちのスタイルを貫き通す戦いは見事でした☆

 

今年は比較的不作と言われる南北海道ですが、前年の北海高校のように期待されていないときのほうが好成績を叩き出すのも南北海道の特徴!?

 

 


◼️本命
駒大苫小牧

f:id:rum02913:20170602173353j:image

ここ10年夏の甲子園から遠ざかっているかつてのレジェンド。
あの3年間で全ての運を使い果たしてしまったかのようなここ数年の勝負弱さ。

 

しかし昨年、一昨年と違い2017年は大型選手はいないものの投・攻・守全てにおいて高いレベルでバランスが整っている。

 

秋の室蘭支部予選で同地区の強豪・鵡川に敗れ2013年から続いていた全道進出を途切れさせてしまいます。

 

挫折を味わい、ひと冬越えて仕上げてきたチームは夏の大会は強いです。

 

このチームは例年のようにドラフト候補がいないのですが、上位から下位打線までよく繋がる日替わりヒーロータイプのチームですね。


春の好成績も踏まえ、堂々の優勝候補に挙げます!


注目選手

 

山(投手)

最速146kmを計測した控えの剛腕投手。
エース工藤一人では乗り切れないので彼のバックアップが鍵となりそう。


林田 (一塁手)

駒澤の主砲。
スイングが強く公式戦では常にマルチヒットを重ねる好打者。

 


◼️対抗
東海大札幌

 f:id:rum02913:20170602173226j:image

ご存知2015センバツで大躍進した元・東海大四。


近年の甲子園での活躍を見て入学してきた現在の選手達はポテンシャルは高い。

 

春の大会では初戦で駒大苫小牧に敗戦。
打線の繋がりを欠いた。

 

エースの高杉は間違いなく今年の南北海道No. 1投手でしょう!
彼から5点以上取れるチームはなさそうなので、打線を夏までに上げてくればかなりの有力候補になりそうです。


注目選手

 

高杉 (投手)

最速145km右腕でスライダーもキレキレの堂々南北海道No. 1投手。
逆に彼が崩れた瞬間にこのチームは終わってしまうかもしれない。


浦田 (三塁手)

東海大札幌を引っ張る主将で3番を張る。
右打者でパンチ力があり、チームの打撃復活のキーマン。

 

スポンサーリンク

 


◼️対抗2番
札幌日大

 f:id:rum02913:20170602173701j:image

近年南北海道の頂点にあと一歩まで迫り続けている有力校。


シルバーコレクターを返上して悲願の夏の甲子園はそう遠くないはず!

 

毎年良いチームを作り上げてきますが投手力が今一歩の印象。


春は好投手擁する稚内大谷にあっさり敗れるなど脆さも目立つ。

 

チームレベルは常に高いので、上まで行った場合はプレッシャーを感じずに出来るかが鍵。

 

注目選手

 

品田 (右翼手)
右投げ右打ちのスラッガー。
チャンスに強いバッティングが持ち味で、打のキーマンとなりそう。

 

 

 

◼️ダークホース
北海

 f:id:rum02913:20170602173819j:image

前年夏の甲子園準優勝で当時のレギュラーが多く残る今年のチームは本来は優勝候補にいないといけないはずなんですが・・・・

 

新チームになり、二期連続で札幌の強豪私立に敗戦。
去年も同じようにどん底でしたが、今年とは意味合いが違います。

 

準優勝の燃え尽き症候群じゃないことを祈りたいですね。
秋、春は死んだふりだったと!

 

注目選手

 

佐藤 (捕手)
昨年の甲子園を知るキャプテン。
チームが思うように機能せず一番思うところがあるでしょう。
リーダーシップに期待。


川村 (一塁手)
昨年夏の甲子園で2ホームラン。
打球がライナー性でよく飛ぶ印象。

 

 

◼️その他有力校

札幌第一

f:id:rum02913:20170602173956j:image

今年のセンバツ出場校。
しかし毎年ながら秋がピーク感が否めず夏に向けて失速していく。


春の駒大苫小牧戦でのコールド負けはショッキングで立て直しは厳しいか!
夏に向けて巻き返しなるか!?


注目選手

柴田 (三塁手)
U15日本代表でクリンナップを打つエリート中のエリートでまだ2年生ながら4番に座る。

 


北照

f:id:rum02913:20170602174128j:image

昨年の不祥事を乗り越えた世代だけに躍進して欲しいところ。
腐っても北照。なんだかんだで上位までは確実に食い込んでくるでしょう!

 

注目選手

 

佐藤 (投手)
最速140km右腕。
北照の復活は彼のピッチングにかかっている!

 


鵡川

f:id:rum02913:20170602174407j:image

今年は久しぶりに力がある鵡川。
半田投手が春に打ち込まれたが、この経験をバネに夏雪辱したい。

 

注目選手


半田 (投手)
最速142km右腕。
秋は駒大苫小牧を粉砕した投打に非常にセンス溢れる選手だ。


まとめ

 

今年の南北海道はド本命がいなく似通った戦力で激戦が予想されます!

 

そもそも南北海道でド本命が甲子園に出たのってここ数年では大串や吉田(オリックス)擁した2013北照ぐらいでしょうか!?

 

それだけ南北海道は本命が出場するのは難しいんですね。

 

甲子園でも戦える戦力があるチームが多数存在する全国的に見た隠れ激戦区と言えそうです!


前年度は北海高校が準優勝という素晴らしい成績を上げ、全国的にも次の出場校は必然的に警戒されそうですね!

 

ただしどこが出てもある程度は戦える戦力がありそうなので夏の予選が楽しみですね!

スポンサーリンク