初心者向け!仮想通貨大好きリーマンのブログ!

仮想通貨メイン!草コイン発掘家でもあ~る!野球ネタなども。

ユーロが崩壊 取引停止になった場合FXのポジションはどうなるのか?

f:id:rum02913:20170207111744j:image

ユーロが崩壊した場合、fxで売りポジションを保有していた場合はどうなるか?


アメリカ大統領選後にドナルド・トランプ大統領の就任が決定してから現在世界的に金融市場が激しく動いています。


トランプ氏の当選時、特にドルは投機筋達の仕掛けのおもちゃになり、また1年をかけて下げ続けたドルは反発の心理も働き2ヶ月かけて上げ続けました!

 

イギリスのユーロ離脱問題で国民投票が開催され、離脱確定時に98円台まで落ち込みました!

 

そこからの仕掛けで118円台後半までほぼ一方的に上げ続けました!

 

世間では強いドルとか130円に行くとか色々な推測がされていましたが、ただ勢いに乗せられたジャーナリスト達が発言していただけで、相場は誰にもわからないものなのです。


そして、次の市場の主役は間違いなく『ユーロ』!

ユーロはドル円の上昇に乗り、124円まで乗せてきました。
しかしドイツの不調やその他ユーロ圏の大国が次々と離脱を示唆した為、ユーロ危機を思い出したかのように下落を開始しました!

 

私見ですが、ユーロは崩壊すると思っています。
それもかなり高い確率で!


ユーロのリスクを挙げてみたいとおもいます。

 

 

ユーロリスク

 

🔴ドイツ銀行の危機

 

ドイツはユーロにおいて盟主のような立ち位置です。

そのドイツの主要銀行『ドイツ銀行』が、イギリスEU離脱の決定を受けて株が大暴落したのは記憶に新しいですね。

米司法省から140億ドルの制裁金が要求されていましたが、交渉の結果罰金72億ドルまで減額されてことなきを得ました!

 

しかし2017年、トランプ大統領就任でまた事態は思い出したかのように危機が再発するでしょう。

 

 

🔴フランス離脱

 

フランスのルペン党首はイギリスEU離脱を受けて我々も離脱の是非を問う国民投票を実施すべきだと主張。

 

そして2017年5月に大統領選を迎えます。


現在難民問題などで支持率を急速に伸ばしているルペン氏が大統領就任となれば、間違いなくEUに大打撃を与えるものと思われます!!

 

 

🔴オランダ離脱

 

2017年3月にオランダ議会選挙が組まれています。


EU離脱を問う国民投票実施を求める声が続出しており、こちらも間違いなく投票が行われる流れになるでしょう!


これらの主要国の危機やEU離脱を受けたら、周りの小さなユーロ加盟国も離脱の流れになっていくでしょう!!

 

 

ユーロが崩壊したらFXのポジションはどうなる?


いろいろ調べてみた結果、確定的な処置は誰もわからないみたいです。

以前ドイツマルクがユーロに移行した際の前例ですが


①ドイツ通貨マルク中心にEU各国通貨と
 固定レートでユーロを設定。
②EU加盟国での流通通貨として導入。
 つまりユーロとEU各国通貨レートで
 取引をする。
③各国の通貨をユーロに交換期間を
 儲け、両替していく。
④各国通貨廃止!


といった流れでしたがもちろんこの当時FXは存在しませんでした(1984年頃)

 

これを逆の流れで考えると

 

①ドイツのマルクが復活
②各国通貨が復活。
③ユーロ固定レート設定
④ユーロはEU間流通貨に利用が
 限定される。
⑤ユーロと各国通貨の交換時期
 設定。
⑥ユーロ廃止。

 

このような全体の流れになります。

そして金融商品によって⑤の段階で方法が変わってくると思います!

 

FXの場合はユーロが廃止される前にある程度下がった段階でポジションの強制決済が行われるかと思います!

 

それが1ユーロ80円なのか70円なのかは定かではないですが、必ずどこかで取引停止通貨として扱われる見込みです。

 

取引停止に至るまでには、事前に余裕を持って投資家に告知されると思います。

 

株の上場廃止のような感覚になると思うのですが、会社どころか国レベルの取引ですので、混乱が予想されるでしょう。

 

廃止寸前まで持ち続けていれば史上最大規模の短期マネーゲームが行われるでしょう!


これらが一連のユーロ廃止とFXにおける取引の流れになるかと思われます。

 


まとめ

 

一連の流れは今すぐにそうなるという感じでは無いはずです。


2017年の欧米諸国のイベントを介して徐々に下落の流れが止まらなくなるのかなと思います。

 

2017年という一年を通して・・・


FXをやっている人に関しては一世一代の大チャンスになるはずです☆
ハイレバになりすぎずに売りポジションを積み重ねていけば資産が築けるかもしれませんよ!

 

*ここに書かれてる記事の展望はあくまで推測の範囲内であり、確定な内容では無いのでご注意下さい。
参考程度に捉えてください。