Kパパの雑記ブログ!独断と偏見ぺディア!

思ったこと思いついたことを何でも書いていきます!主に野球ネタが多いです♪役立つ豆知識も。

2017ドラフト候補筆頭!東の清宮幸太郎(早稲田実業)西の安田尚憲!

既に世間で注目を集めている2017年高校野球界で最も注目されるであろう2人の球児を紹介します。

 

東は東京早稲田実業の清宮幸太郎
西は大阪履正社の安田尚憲です。


2016年の高校野球は空前の投手の当たり年で、今井、藤平、寺島、高橋のBIG4(いつの間にか)を中心にハイレベルな投手が集まった印象の年でした。

 

そして来る2017年は野手に注目の逸材が集まり当たり年と言われそうです。

 

中でも今回紹介する2選手は次ドラフトでも上位筆頭候補で、高校野手トップ2として1年間高校野球を盛り上げてくれそうです!

 

どちらも2017年センバツの出場が決まっており全国でお披露目されます☆


それでは両選手の特徴など見ていきましょう!

 

清宮幸太郎(早稲田実)

右投左打

3番一塁手
184cm/97kg

f:id:rum02913:20170205212530j:image

元ラグビー選手の清宮克幸氏の長男で恵まれた体格は父親譲り。
幼少期よりラグビーと野球の二刀流でプレーしていたものの、早稲田実vs駒大苫小牧の伝説の決勝戦をみて野球一本に決意。

 

偉大な父より「ラグビーでは自分を越えることはできない」とアドバイスを受ける?

 

2世選手の宿命でしょうか!清宮選手のラグビーの実力は定かではありませんが、プロの目から見て父を超えることは無いという厳しい言葉を浴びたようですね。


肝心の野球は間違いなく逸材ですね!
小学校時代から和製ベーブルースとして世界に名を知らしめていました。

 

実力は周知のとうりで実績は詳しくは書きませんが、一番印象に残るのは天性の柔らかいバッティングができるところですね!

 

マスコミ等によるイメージでは完全にホームランバッターです。
ニュースでもほとんどがホームランを打っている場面が放映されています。

 

しかし、実際に見た感想としては、綺麗にミートした打球がグングン伸びてホームランになっている印象。


ヒットの延長がホームラン!


彼本来の資質としてはかなりハイレベルなアベレージヒッターでないかと思いました!!


特に低めの緩いボールをミートする能力はすでにプロレベルなのではとおもいます!

緩いボールに体が泳いでも全く体制が崩れません!
この能力は、幼少期よりラグビーで培った強さが滲み出ている気がします。
タイプとしては全盛期の阿部慎之助みたいです。

投手として対戦するバッターで一番厄介なのは全く体制が崩れないバッターです。
決め球でも通用しないですからね。

木製バットになれば課題は出てくると思いますが、高校生相手の現段階では攻略はほぼ不可能な選手といえるでしょう!!

スポンサーリンク

 


安田尚憲(履正社)

右投左打
3番三塁手
188cm/92kg

f:id:rum02913:20170205212614j:image

前述の清宮に比べて最近知名度が上がってきた選手。
しかしスラッガーとしての資質は清宮以上ではないでしょうか!?

小学生時に阪神タイガースJrに選出され、中学は元阪神・赤星選手プロデュースの硬式チームレッドスターベースボールクラブで鍛錬しました。

父は駅伝、母はやり投げの国体選手。
兄もPL学園出身で現ドジャースの前田健太とバッテリーを組んでいた捕手でアスリート一家。


打撃スタイルですが、イメージするなら間違いなく元ヤンキースの松井秀喜ですね!もしくは筒香!

軸足を残して重心を貯め、鋭く解放するスタイルで典型的な長距離砲です!
視線も以前よりぶれなくなってきて逆方向に強い打球を飛ばせるように進化しました。


ところどころ脆さも露呈しますが、打てないときは常に課題をクリアし、順調に成長していくタイプで見ていて面白い選手です。
天才肌の清宮とは対照的で、少し不器用な感じもいいところ!


現在は東西の大砲として世間に名前が出ていますが、両選手将来的には違うタイプの選手になっていると思います!

 

アベレージヒッターの清宮、パワーヒッターの安田がそれぞれの完成系だと予想します!

 

現時点では実績と経験で清宮が上回っているように思いますが、この2017年の展開次第では評価が逆転している可能性もあります!

 

そして2017年センバツ前の段階では両者ともに3番バッターで、後ろの4番にはどちらも怪物級の選手を置いているので敬遠される心配は少ないでしょう!
(だからあえて3番で打たせているのか?)

 

近年の中では間違いなく最高級の素材の2人ですので、これから目が離せませんね☆

スポンサーリンク