読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kパパの雑記ブログ!独断と偏見ぺディア!

思ったこと思いついたことを何でも書いていきます!主に野球ネタが多いです♪役立つ豆知識も。

スポンサーリンク

誰でも出来る方法!車の燃費を極力抑える走り方を考察

f:id:rum02913:20170131234350j:image

原油の価格が徐々に上がってきて、車のガソリンへの価格もかなり影響してくるものと思われます。

 

燃費を良くさせる運転をして、ガソリン代の負担をを少しでも軽くできるようなアイデアをあげてみました☆


ひとえに燃費といっても車種によって燃費が良い車と悪い車で分かれます。
プリウスなんかは1リットル30kmも走れますが、古いアメ車では5kmぐらいしか走らないものがあるし様々です。


しかし、車種は関係なく燃費の持ちを長くさせる方法がたくさんあります。
もちろん運転することができれば誰でもすぐに実践可能なので、是非取り入れてみてください!

 


発進時にゆっくりアクセルを踏む

 

基本中の基本ですね!
一番燃費を喰うのは止まった状態から動き出すときです。
これは常に意識したいですね。

 

強くアクセルを踏んでしまうと、その分パワーを使うことになってしまうので優しい踏み出しを意識したいですね。

 


回転数を2000以内に抑える

 

車にとって心地よい回転数は1500回/mらしいです。
ちょうどアクセルを踏んで離してスピードに乗った時ぐらいです。

 

2000回/mまで増やすとかなり力が入って加速する状態になりますのでなるべく控えたいところです!

 


赤信号を見かけたらアクセルを踏まず、ニュートラル状態で走行する

 

下り坂ではスピードに乗った時はニュートラルでも転がっていきます。

下り道で赤信号を発見したら積極的にギアをニュートラルに

ギアをドライブに入れている時はエンジンブレーキが働いてしまう為、燃費を良くするには極力ニュートラル走行が良いでしょう!

 

 

 

車間距離を開けてブレーキをなるべく踏まない

 

ブレーキを踏むことで車のスピードは減速してしまいますね。
スピードが落ちてしまったらまたアクセルを踏まなければいけません!

 

特に止まった状態からアクセルを踏むことが一番燃費を食ってしまうので、なるべくブレーキを踏む回数を減らしたいですね!

 

 

エアコンを付けない

 

エアコンはアクセルをふかす次くらいにガソリンを消費しますよ!
夏と冬はさすがにつけないと厳しいですが極力は控え、窓を開けるか防寒着を着て対策したいところです!

(そこまでして節約するかっ!?笑)

 

 

出来るだけ大通りを走り、住宅街などの裏道を避ける(渋滞時はこの限りでない)


これ実は結構大事なんです!!

都心に近ければ近いほど交通量も増えていきます。
そうしたら、一本ずれた裏道を走ったほうが目的地に早く到着できるかもしれません。

 

しかしそこに落とし穴があるのです。

 

裏道や住宅街は標識の一時停止が山ほどあります。
これが一回一回止まってしまうことになりますね。
1から2000回転以上で加速をしなければいけない状況が何回もあるようなものです!!

 

裏道は近道などのメリットもありますが、燃費に関しては実は最悪な道選びなのです。

 

ざっと燃費を良くする方法をあげてきましたが、一番大切なことはドライバー自身の意識の中にあるのかもしれませんね!

スポンサーリンク