初心者向け!仮想通貨大好きリーマンのブログ!

仮想通貨メイン!草コイン発掘家でもあ~る!野球ネタなども。

少年用もある!軟式用竹バットを活用して綺麗なスイングを身につけよう!

f:id:rum02913:20170122181114j:image

打撃技術向上の為に一昔前からある竹バット。
高校野球の時に練習でよく使用しているイメージです。

 

この竹バットの通常のバットとの違いはボールを捉える際に芯を外すと衝撃が手まで届いて非常に痛いです。

 

竹バット特有の重心でこのように通常のバットとは異なる感触があります。


正しいミートポイントを肌で覚えられるという優れものです♪


この高校球児の練習に御用達の竹バットを最近ではスイング技術向上を目的として、軟式の小学生にもオススメされています!

 

竹バットのメリット

 

1、打撃技術の向上
ボールを芯で捉える感触を身につけることができる

 

通常の金属や木製よりも芯を外した時の衝撃が強い為、芯で捉える感触を体に覚えさせることができます。


また、ヘッドに重心がある為しっかり振り抜かないと鋭い打球が飛びません。
重みを利用したスイングで、スイングスピードも自然に向上します!

 

さらに、しっかりとしたスイングをしなければいけないので、自然に綺麗なスイングが身につきます

 


2、コストパフォーマンスが良く、耐久性も強い


木製バットは正しく打球を捉えなければ、すぐに折れてしまいます。
買い増せばコストもかかってしまうので、気を使って練習しなければいけません。

 

金属バットは耐久性は高いのですが、一本の値段が高いです。
それに芯を外しても打球が飛ぶので芯で捉える為の練習には向きません。

 

竹バットは値段も良心的で耐久性が高いので、練習には最高の道具です!!

 

 

3、音が静か

 

独特の打球音でゴンっ!という音がなります。
夜間の練習でも周囲に配慮してトレーニングすることができます。

 

これらが竹バットを使用するメリットになります。

 

使用した感想

 

実際に私自身が使ってみました。

 

バッティングセンターで軟式ボールで使用しました。(バッティングセンターで木製バットを使用すると本当にすぐ折れますよ!)

 

打球を芯で捉えた際には確かな手応えと独特の振り抜きやすさを感じました!
芯を外しても軟式なので違和感はありますが痛みは感じませんでした。

 

芯でとらえた時の感覚がとても気持ち良いのと、重みで綺麗に降り抜ける感覚がありました。


これは幼少期から使いこなせば良かったなと思えるバットでした!!

 

JBというメーカーで非常に強化していて、他社では類を見ない12種類のサイズと重さを用意しています。


成長によりサイズが変わっていく少年に配慮しています。
かなり小学生用に力を入れていますね!


なぜ少年に力を入れているのかと言いますと、子供は高度な適応力を備えているからです。

 

小さいうちから正しいバッティングを身につけることで、後々のセンスにも影響してくるので始めるなら早ければ早いほど良いです!


もちろん大人で軟式のプレイヤーにもオススメできます。
値段の安めですので一本持っていたいアイテムですよ!