読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kパパの雑記ブログ!独断と偏見ぺディア!

思ったこと思いついたことを何でも書いていきます!主に野球ネタが多いです♪役立つ豆知識も。

スポンサーリンク

野球の軟式ボールの規格が変更されます!重さやスピード感は!?

f:id:rum02913:20170119120707j:image

これまで定期的に規格が変更されてきた野球の軟式ボールですが、12年ぶりに変更されることになりました!

軟式野球ボールが誕生してから7代目ということになります。


ついに軟式野球ボールのリニューアルがきました!

そういえば12年前は軟式ボールが変わるとざわざわしていたのを覚えていますし、硬式ボールの飛距離に近い感じになりましたね!!


変更されるたびに段々と硬式ボールと使い勝手が似てきています。


では新しい規格となる軟式野球ボールですがどのように変化するのか見ていきましょう!

 

f:id:rum02913:20170119120737j:image

歴代の軟式ボール達

左下の初代は形が凄すぎてミラーボールみたい笑

 

 

ボールの大きさが統一される

  

今まで使われていた型は小学生がC号球、中学生がB号球、高校軟式以上がA号球という設定でした。

 

今後は小学生がJ号球、中学生以上がM号球という設定になります。

 

つまり、今までボールのサイズが小さめだった軟式出身の中学生が高校野球に移行する際によりスムーズにしてあげようという計らいのようです!

 

スポンサーリンク

 

実際中学生まで成長すると、手の大きさは大人と変わらないですよね!?

 

軟式出身の子は手のサイズがあまり変わらない中で高校に入ってボールがいきなり大きくなるので、軟式出身の中学生は違うスポーツをやっているかのような戸惑いを感じるかもしれません!!

 

ボーイズやシニア等硬式でプレーする中学生はすでに高校野球と同じサイズのボールを使用しています。

 

中学軟式でプレーをしている子供達はB号球という高校野球で使うボールに比べ小さいサイズのボールを使用していたということです!


これでは高校野球に上がった際に硬式でプレーしていた子供達の方が圧倒的有利ですよね!?

現に強豪校で下級生から試合に出て早い段階で有名になる選手は硬式出身が多いです。(むしろそういう子はすでに有名なケースが多いです。)

 

そういった面でも今まで硬式に流れていた競技人口が中学軟式に流れていくかもしれないという流れができる可能性も出てきました。

 

とはいえ硬式のクラブチームの監督さんの強豪校とのパイプを考えればまだまだ硬式の方が有利と言えますが・・

 

とりあえずは中学生プレイヤー達の中学の部活か硬式のクラブチームか選択肢は増えるかもしれませんね!!

 

機能の変化

 

 

新球のデザインですが、さらにもうひと世代前のゴルフボールと呼ばれていた旧球の見た目に戻りましたね。

しかしよーく見るとただの凸凹ではなく、ハートマークをしているようですw

個人的には今現在の型の方がかっこいいなーとは思いますが・・


肝心の機能ですが、少し改善されるようです。

従来のA号ボールより約2グラム重くなるようです!
これでバウンドが落ち着くのかな?


飛距離に関しては特に記述は見つかりませんでした。
まあ現在の型に変化した時にゴルフボールより飛距離はかなりアップしたからな〜


1番注目する点は反発が激減するところです!
これはかなりの変化ポイントだと思います。


今までのボールはゴロが跳ねやすく、今回の変更は特に内野手にとっては朗報なのかなと。
軟式から硬式に変わる際にボールのスピード感とバウンドの違いに戸惑ってしまったかと思います。


硬式は始めからグラブを下に落として待っていればボールから勝手にグラブに収まるイメージでした。
逆に軟式は自分からバウンドを合わせ、さらにグラブさばきを上手くやらないと捕球しにくかったです!

 

むしろ守備でいえば軟式のほうが余程難しいかもしれません!


今回の変更で、軟式でも硬式に近いバウンドが期待されるので、軟式中学から高校野球に進む子供でもスムーズに高校野球に入っていけるようになるのかなと思います。

 

 

いつから導入?

 

 

中学生以上のM号は2017年12月、小学生のJ号は 2018年後半に予定されています。

これらに合わせてスポーツメーカーもバットやグラブを開発してくると思うので、しばらくは野球用品の売上が落ちるかもしれませんね!苦笑

 

スポンサーリンク