Kパパの雑記ブログ!独断と偏見ぺディア!

思ったこと思いついたことを何でも書いていきます!主に野球ネタが多いです♪役立つ豆知識も。

スポンサーリンク

カラオケが上手くなるには!誰でも自宅で練習できる高音、音程、ビブラートを鍛えるボイストレーニング

f:id:rum02913:20170111210220j:image
ボイストレーニングは歌が上手くなるのはもちろん、ハキハキした印象が大切な営業さんやスピーチをする人なんかにも有効なトレーニングです。

また、普段声が小さい人や自信がない人にも是非オススメです。


当ブログで取り上げるトレーニングはいつでもどこでも(人前ではやらないほうが良いかも笑)誰でも簡単に出来るトレーニングなので、普段のトレーニングには勿論運転中など出かける前に是非やってみましょう!

 

リップトリル(リップロール)

f:id:rum02913:20170112001056j:image

小刻みに唇を振動させるトレーニングです。
唇を閉じて息を吐きながらプルル〜と発するようにすると成功しやすいです。
どうしても難しい場合は水で濡らす等唇を濡らすと上手くいきやすいです。

慣れてくると音程を意識し、確認しながらすると音程の質が良くなるでしょう!


◾️効果

口周りの筋肉をリラックスさせ脱力をし歌いやすくなる
ミックスボイス(地声と裏声の中間)が出やすくなる
音程を正しくコントロール出来るようになる

 

タングトリル

f:id:rum02913:20170112001041j:image

これはリップトリルよりもワンランク難しいですが、慣れてくれば出来るようになると思います。

舌を巻き舌にして振動させるトレーニングです。
まずは舌をルの形にして、上顎部分に押し付けて振動させます。
舌の長さは人それぞれで、短い人は習得まで苦労するかもしれません。

イメージは「おらぁ」と発音した時の「らぁ」の時の舌の状態にすることです。
いわゆる巻き舌ですね。

 

◾️効果

リップトリルと効果はほとんど同じく筋肉をリラックスさせます。
ただ部位が違うため、喉周りや声帯をほぐすことができ、高音をスムーズに出すことができます。

 

口蓋喉頭筋(喉ちんこ)を震わせるトレーニング

 f:id:rum02913:20170112001134j:image

正式名称はわかりませんが、上記2つのトレーニングと同じようにリラックスさせます。
やり方は舌の付け根を喉ちんこにあてて、痰を吐く時のように音を出します。

口を大きく開けて鑑で見ると喉ちんこが振動しています。
しっかり振動していればオッケーです!

 

◾️効果

裏声への移行がスムーズに出せるようになる
裏声が安定した音量音程で出る
力を入れなくても広い音域で歌えるようになる

 

スポンサーリンク

 

 発声腹筋トレーニング

 f:id:rum02913:20170112001246j:image

これは声の強さを鍛えるトレーニングです。

 

1.腹式呼吸でブレスを整える。
2.腹筋上部を意識して力強く「スー」と5回連続で息を吐く。
3.5秒間息を吐き続ける。
4.これを5回繰り返す。

 

以上です。

 

「スッスッスッスっス〜〜〜〜〜」
といった感じです。
最後のスを発音するときはより遠くまで音を響かせるイメージで。

 

5回に慣れてきたら次は全ての数字を6、7とレベルを上げていきます。

10回ぐらいになってくると酸欠で頭がクラクラしてくるので注意を!!


◾️効果

発声量アップ
安定して同じ強さで音を出せるようになる
腹筋上部が発達してかっこいいBODYになる

 

これらはほんの一例ですが、毎日地道にトレーニングすることです必ず歌は上達しますよ!!

 

スポンサーリンク